ABOUT US

ご挨拶

主の御名をほめたたえます。

東京プレヤーセンターのホームページをご覧頂きありがとうございます。

日本のクリスチャンは、プロテスタント、カトリックをあわせても、人口の1%にも届かないのが現状です。

その様な状況を打破し、日本と世界にリバイバルを起こすために神様が2011 年11月、東京・お茶の水に「東京プレヤーセンター」(TPC) を設立されました。それ以来、毎日、神様は「お昼の礼拝」と「朝夕の祈り会」を導いてくださっています。

「お昼の礼拝」では、教団・教派を超えた教職者、そして、宣教に重荷をもった信徒の方々が、日替わりでメッセージをご担当くださっています。その数は7年経過時点で女性のメッセンジャー約100名を含め、500名を超えました。そして、今後も毎年、数十人の新しいメッセンジャーが与えられる勢いです。

TPCの講壇は、遠くないであろう「日本と世界のリバイバル」に備えて、すべてのクリスチャンのために用意されていると強く思わされています。 「祈りの学校」、「御茶ノ水朝祷会」も始まり、祈りの体制も整えられてきました。 それと併せて、TPCのチャペルでは、毎週10を超える教会が礼拝を捧げ、バイブルスタディ、手話教室、賛美フラ教室、読書会、カウンセリングなど多くの集会も開かれており、様々な活動を通して、毎日のように神様のみわざを見せていただいています。

また、5周年を機に、神様は従来のアルファチャペルに続いて、二つ目の新しいオメガチャペルもスター卜されました。教職者の方々がリバイバルに向けて超教派で交わり、行動を起こす場として与えられたものだと強く感じています。

そして今後、日本では牧師や教職者の不足が案じられていますが、TPCはそのような教会・集会にメッセンジャーを派遣させていただくことも、神様からTPCにあずけられた使命だと受けとめています。

これまでの主のお導き、多くの皆さまのお祈りに感謝するとともに、これから「日本と世界のリバイバル」のために神様は何をなそうとされているのかを思う時、期待で心が躍ります。

TPCは教会員制度をとっていません。出入りは全く自由です。あなたも、是非一度、お気軽にTPCにお越しください。そして、聖霊様に満たされて、これまで以上に置かれた場所で神様にお仕えし、喜びと感謝にあふれた信仰生活をお送りください。

代表/チャプレン 和氣敏治

代表プロフィール略歴

●和氣 敏治(わけ としはる)

1946年
生まれ
1970年
国立埼玉大学理工学部化学修士課程卒業。
オルガノ株式会社入社(主として水処理技術の研究開発に従事)
1982年
受洗
2009年
オルガノ株式会社退社
JTJ宣教神学校入学
2010年
ミニストリー「さろん塩」設立
2011年
JTJ宣教神学校卒業、按手を受ける
お茶の水聖書学院入学
毎日、礼拝と祈祷会を行う「東京プレヤーセンター」をお茶の水クリスチャンセンター内に設立
代表兼チャプレンとして現在に至る

資格:工学博士(学位論文「冷却水系における腐食抑制剤に関する研究」)
   技術士(上下水道部門 衛生工学部門)
   公害防止管理者水質関係第1種
著書:水処理ハンドブック(丸善・共著)
   高分子ポリマー凝集剤(東京都下水道サービス・共著)
   さあ、みんなで劇をやろう(イーグレープ)

家族:妻、子供3人
趣味:釣り、テニス